筑波銀行の「おまとめローン」にするメリットは?

筑波銀行のおまとめローンにするメリットですが、これにはいくつかあります。一つ目は、筑波銀行はその名前のとおり銀行であることです。ここから得られるメリットは実はかなり大きなものがあります。まずは、総量規制の対象とはなりません。総量規制とは融資可能なお金の総額をその人の年収の三分の一までに規制するルールですが、これはいわゆる消費者金融だけが対象であり、筑波銀行を初めとする銀行は対象外だからです。
もう一つ、おまとめローンにあたって非常に重要なこととして、借り入れ金利があります。おまとめローン通りやすい借り入れ金利が低ければ低いほど毎月の利息負担が少なくなるからです。もし仮に、借り入れ金利がおまとめローンの前後で全く同じであったとすると、複数の借り入れの返済を管理する手間という点を除いて、金銭的な負担という意味では全く変わらない、つまり筑波銀行でおまとめローンを借りる金銭的な意味は全くないということになってしまいます。
筑波銀行の場合、金利の上限は15%程度となっています。これは消費者金融の金利の上限18%に比べると3%程度低くなっていますから、その分だけ利息負担が小さいわけです。3%がどれくらいの違いになるかと言いますと、仮に借り入れ金額が50万円としますと、50万円の3%は1万5千円です。これは1年当たりですから、1ヵ月当たりに換算すると1250円です。つまり、この分だけ毎月の負担が少なくなるということになります。